看護師

抗がん剤の副作用はどうして起こるのか|最新のがん治療情報

正常な遺伝子にする治療

ドクターとナース

がん治療の中でも副作用がきついといえば、抗がん剤治療になります。しかし、最近は副作用が起きにくいがん治療もあり、抗がん剤などの副作用が心配な人におすすめです。どんな治療かとえいば、正常な遺伝子にしてがん細胞をやっつける治療になります。

免疫力を上げる

聴診器

がん細胞は、免疫力低下することで増殖していきます。ですから、身体の免疫力を上げればがん細胞の働きを弱くさせることができます。抗がん剤などの副作用が心配な人は、免疫力を上げるがん治療を行なってみてはどうでしょうか。

がん治療のひとつ

カウンセリング

がん治療の主流のひとつ

がん治療といえば、外科手術、放射線治療、抗がん剤治療が標準の治療法になります。この中でも、がん治療として最も選択されることが多いのは抗がん剤治療になります。抗がん剤治療は、がん細胞をやっつける成分が含まれており、体内へ投与することでがんを無くせるようにしていきます。ただ、効果が高いので身体に刺激が強く副作用が起こりやすい治療法でもあります。このようなことから、最近のがん治療では副作用が起こりにくいように別の治療法をプラスして行なうことも増えています。日々医療技術が発達してきていますし、抗がん剤の副作用と上手く付き合えるようにできるようになっています。

代表的な副作用

がん治療は、副作用がどうしても付いて回ります。そのため、治療になかなか踏み出せない人も少なくないといわれています。しかし、それはどんな副作用が起こるのか把握できていないからでしょう。ですから、ここでは代表的な副作用をピックアックして御説明します。
まずは、吐き気と嘔吐です。抗がん剤などの成分は、がん細胞をやっつける効果があるので身体に刺激が強いのです。そのため、消化管粘膜に強い刺激を感じてしまって、嘔吐中枢が刺激されてしまいます。一般的には、制吐剤を併用して副作用を抑えられるようになっています。後は、髪の毛が抜けてしまうということでしょう。毛根は、代謝が早いので抗がん剤による影響がとても受けやすいのです。そのため、最近は高性能の医療用ウィッグなどが販売されており、脱毛対策できるようになっています。

女性特有のがん治療

ドクター

抗がん剤は、がんの種類によって成分が異なります。そのため、副作用の症状も違うので、事前に自分が服用する薬について知りたいのなら把握しておきたいでしょう。今回は、女性特有の眼の抗がん剤について紹介します。