医者

抗がん剤の副作用はどうして起こるのか|最新のがん治療情報

正常な遺伝子にする治療

ドクターとナース

新しいがん治療

三大がん治療は、どうしても副作用の心配をしてしまいます。特に抗がん剤は、がん細胞に対して活発に攻撃する成分が含まれているので、副作用が起こりやすいのです。抗がん剤以外のがん治療も副作用があり、三大がん治療のどれかを受けるとなったら構えてしまうでしょう。そんな人におすすめしたいのは、遺伝子治療です。これは、正常な遺伝子に戻せるようにできる治療で、がん細胞の増殖を抑制、攻撃できるようにします。自分の身体の遺伝子によってがん細胞をやっつけられるようになるので、もちろん副作用はほとんど起こりません。それに、血液中の異常な遺伝子を頼って治療することもできるので、発見しづらい初期のがんも発見して治療することができます。他にも、まだ発生していないがんになる腫瘍も確認できます。そのため、未然にがんを予防することもできるのです。

デメリットもある

ただ、いくつかデメリットがあります。それは、まだ健康保険の適用がきかないということと新しい治療法のため成功例が少ないことです。そのため、遺伝子治療でがんを改善するとなれば高額な医療費がかかります。しかし、遺伝子を正常にするというのは今後の医療業界には欠かせない研究テーマになるので、これからも研究が進められて近いうちに確立した治療法になるかもしれません。それに、現代では抗がん剤治療などと一緒に進めることもできます。できるだけ身体への負担を無くしたい、副作用が心配と思っているのなら抗がん剤治療などと一緒に受けてみてはどうでしょうか。