医者

抗がん剤の副作用はどうして起こるのか|最新のがん治療情報

免疫力を上げる

聴診器

注目を集めている治療法

がん治療として最近注目を集めているのは、免疫療法です。これは、外科手術・放射線治療・抗がん剤治療の三大がん治療に加えて「第4のがん治療」といわれているほどの治療法になります。この治療は、身体の中に入ってきた異物に対抗する免疫力に注目して研究を進められた治療法になります。免疫力を最大限に上げることで、がん細胞に対抗できる身体を作れるようにします。また、抗がん剤治療などに比べると副作用がとても少ないというのが最大の特徴といえるでしょう。そのため、抗がん剤などの副作用が心配な人は免疫療法でがん治療する人が増えています。

二種類ある免疫療法

免疫療法は、「特異的免疫療法」と「非特異的免疫療法」の二種類あります。
特異的免疫療法は、がん細胞のみが持っているといわれる特異抗原を見つけて攻撃できる免疫機能を活性化することができます。主なものとして、樹状細胞ワクチン療法、腫瘍抗原ワクチン療法、ペプチドワクチン療法、CTL療法、TIL療法といったものがあります。医師に相談してどれを受けるか決めることになります。
非特異的免疫療法は、免疫賦活薬という薬剤を投与します。これで、全体的な身体の中の免疫力を上げることでがんに対抗しようとする治療法になります。主なものとして、NK細胞療法、サイトカイン療法などがあげられます。
どちらも有効性があるという結果が残されており、今後はますます需要が高まっていく治療となるでしょう。抗がん剤などの副作用が心配なら、一度副作用があまりない免疫療法も視野に入れて考えてみてください。